東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

復帰の大和が決勝打 ベイ、延長戦制す

11回DeNA1死二、三塁、勝ち越しの2点タイムリーを放ち、一塁上で手を挙げる大和=ZOZOマリンで

写真

◇DeNA4−1ロッテ

 DeNAが逆転勝ちで3位に浮上した。0−1の七回に代打山下の適時打で同点とし、延長十一回に大和の2点適時打と神里の適時三塁打で3点を勝ち越した。パットンが九回途中から十回まで抑えて2勝目。ロッテは打線が攻めきれず、連勝が3で止まった。

     ◇

 1−1で迎えた延長十一回1死二、三塁。DeNAの大和は「みんながつないでくれたチャンス。何としてでもかえしたかった」。田中の速球をはじき返した打球は、中前へ抜ける。2点を勝ち越し、試合を決めた。

 チーム全体で九回まで12安打を放つも、わずか1得点。大和も五回無死満塁の絶好機で右飛に倒れていた。汚名返上のチャンスで期待に応え、一塁上で右手を挙げてはにかんだ。

 12日の試合前練習中に味方の打球が頭部を直撃し、救急搬送された。3試合ぶりの出場で千両役者ぶりを見せつけ、「これだけ元気でやっているので、もう大丈夫です」。笑顔で語り、周囲の心配も吹き飛ばした。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報