東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

藤浪おまたせ 今季初勝利 七回途中無失点 復活の兆し

3回、1死満塁のピンチに楽天・島内を三ゴロ併殺に打ち取り、ガッツポーズの阪神・藤浪=楽天生命パークで

写真

◇阪神4−0楽天

 阪神の藤浪が七回途中無失点で今季初勝利を挙げた。直球に力があり、9三振を奪った。打線は六回に中谷の3号2ランで先制し、七回に糸原の適時二塁打、九回に俊介の適時打で加点した。楽天は今季8度目の零敗。

 ◇ 

 上位浮上に欠かせない大型右腕投手が復活の兆しを見せた。阪神の藤浪は108球の熱投で七回途中まで無失点。今季6度目の登板で先発の責任を果たし、今季初勝利、実に昨年5月4日以来の白星に「素直に勝ちを付けてもらってうれしい」と喜びをかみしめた。

 不安定な姿はなかった。「野球の基本だけど、余計なランナーを出さないように。(六回途中7失点だった)前回はピンチというか、苦しい場面で粘れなかった」との反省を杜(もり)の都で生かした。

 霧雨が球場を覆った中での難しい立ち上がりも、150キロを超える直球と切れ味鋭いスライダー、フォークボールで打者を打ち取っていく。三回は連打と四球で1死満塁を招いたが、島内を低めの変化球で三ゴロ併殺に仕留めて切り抜けた。回を重ねるごとにテンポも上がった。3四球も、制球に四苦八苦といった様子はなく、9奪三振。七回は1死一、二塁で降板したが、救援陣に助けられて0を並べた。

 昨季からふがいない投球が続いた背番号「19」が真価を発揮した。なかなか波に乗れない猛虎。藤浪は「勝ちが付くと気持ち的に楽になる。次につなげたい」とチームと同様に巻き返しを誓った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報