東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

貴乃花一門が消滅 親方離脱、阿武松グループに

 大相撲の貴乃花親方(45)=元横綱=が「貴乃花一門」を離脱し、それに伴って一門が消滅して、阿武松理事(56)=元関脇益荒雄=を中心とした「阿武松グループ」に名称を変更して活動することが22日、日本相撲協会関係者の話で分かった。

 貴乃花親方は「当面は一人で活動していきたい」と無所属となる意向を一門内の親方に伝えた。貴乃花親方は一門から「貴乃花」の名称を外すことを申し入れ、了承されたことを4月に明言している。

 阿武松グループは阿武松理事の他に、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)や大嶽親方(元十両大竜)ら5人の親方によって編成される方向。所属する親方は「5人でしっかりまとまっていきたい。協会と一丸となってやっていく」と述べた。

 貴乃花親方とは役員候補選挙などの協力関係は結ばない見通し。

 同親方は2010年の協会理事選挙前に二所ノ関一門を離脱し、阿武松理事や音羽山親方(故人=元大関貴ノ浪)ら支持者と「貴乃花グループ」を形成。14年に六つ目の一門へ格上げされた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報