東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

桐生、山県ら100メートル決勝へ 陸上日本選手権開幕

決勝進出を決めた山県亮太

写真

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた日本選手権第1日は22日、山口市の維新みらいふスタジアムで行われ、男子の100メートル準決勝は1組の桐生祥秀(日本生命)が10秒16、2組の山県亮太(セイコー)は10秒19で、それぞれ1着となり、23日の決勝に進んだ。1組でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒24の2着、多田修平(関学大)は10秒31の3着で通過した。

 予選で桐生は10秒15、山県は10秒13だった。1万メートルは大六野秀畝(旭化成)が28分30秒66で初優勝した。

 女子の1万メートルで松田瑞生(ダイハツ)が鈴木亜由子(日本郵政グループ)に競り勝ち、31分52秒42で2連覇。100メートルは日本記録保持者の福島千里(セイコー)、200メートルとの2年連続2冠を狙う市川華菜(ミズノ)らが予選を突破し、23日の決勝に進んだ。走り幅跳びは高良彩花(兵庫・園田学園高)が6メートル22で昨年に続いて制した。

◆タイム落とし 山県に危機感

 今季は日本人に負けなしの強さを見せていた山県にとって、準決勝は納得のいくレースではなかった。予選よりタイムを落として10秒19。「この感じじゃ、桐生君やケンブリッジ君にさらわれる」。危機感を隠そうともせず、決勝へ自らを奮い立たせた。

 隣のレーンの選手がフライングで失格。仕切り直しは「よくあること」と気にしなかったが、得意の飛び出しは完璧と言えなかった。中盤からの伸びも欠き、最後は2位の選手に0・04秒差まで追い上げられた。「全般的に悪くはないけど、まだ良くなる」。追い求める走りとは、もう少し隔たりがある。

 右足首のけがで6位に沈んだ前回大会の悔しさを晴らすため、序盤の走りに磨きをかけてきた。昨秋には日本歴代2位の10秒00をマーク。「もっと低く、鋭く飛び出せるように」。それができれば、中盤のスムーズな加速につながる。決勝でライバルに競り勝つビジョンは明確に見えている。 (佐藤航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報