東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ロッテ・井上、満塁弾で復帰 雨切り裂き豪快に逆転

3回ロッテ2死、井上が右越えに逆転満塁本塁打を放つ=ZOZOマリンで

写真

◇ロッテ4−3西武

 ロッテは0−3の三回に井上の満塁本塁打で逆転し、五回表終了で降雨コールドゲームとなり勝ちを収めた。ボルシンガーが5回3失点で8連勝を飾り、リーグ単独トップの9勝目。西武は今井が制球に苦しみプロ初黒星を喫した。

      ◇

 振り抜いた豪快な一打が、ロッテファンの大歓声を浴びながら右翼席に飛び込んだ。0−3の三回、2死満塁でロッテの井上が西武先発の今井の直球を捉えた。次第に雨脚が強まる中、チームに勝ちをもたらす逆転満塁本塁打に「うまく体が反応して打てた」。体調不良からの1軍復帰後初戦で大仕事をやってのけた。

 へんとう炎による発熱で13日に登録抹消で戦列を離れた。「チームに迷惑を掛けた。責任がある」。期する思いを抱えて試合に臨んだ。

 三回、今井の制球が乱れ、3四球で2死満塁。井上は早速巡ってきた挽回の打席で「走者をかえすことだけを考えた」。直球を続ける相手にファウルで粘り、徐々にタイミングを合わせる。そして8球目はまたしても直球。「狙ったわけではない」と外角高めの151キロに自然とバットが出た。

 今季は開幕から4番に座ったが、5月下旬からは調子を上げてきたドミンゲスにスタメンを譲り、代打に回ることも。登録抹消中は2軍戦に出場、「調子は上向き」と手応えを口にした通り、復帰後いきなりプロ入り初となる満塁弾でチームを救った。

 「しっかり仕事をしてくれた」と井口監督。ただ殊勲の長距離砲は「これで取り返したつもりはない。今からが大事になる」と表情を引き締めた。 (唐沢裕亮)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報