東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

山県、5年ぶりV  陸上日本選手権 男子100

男子100メートル決勝でゴールする(左から)優勝した山県亮太、(3人置いて)2位のケンブリッジ飛鳥、3位の桐生祥秀=維新みらいふスタジアムで

写真

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は23日、山口市の維新みらいふスタジアムで行われ、男子の100メートルで山県亮太(セイコー)が10秒05の大会タイ記録で5年ぶり2度目の優勝を果たし、代表に決まった。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒14の2位で代表入りを確実とし、9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀(日本生命)は10秒16で3位。多田修平(関学大)は5位だった。

 女子の100メートルは世古和(クレイン)が11秒64で初制覇。福島千里(セイコー)が0秒02差の2位、前年優勝の市川華菜(ミズノ)は3位だった。200メートル予選は男子の飯塚翔太(ミズノ)が20秒55で2組1着、桐生が20秒79の同2着で24日の決勝に進んだ。女子は福島、市川らが突破した。

◆序盤の走り重点

 見据えていたのは自分のレーンだけ。「他の選手は見えていなかった。どういう展開になっていたか分からない」。限界まで集中力を研ぎ澄ました山県。持ち味のスタートで鋭く飛び出し、中盤からの加速で一気に抜きんでた。ただ一人10秒0台の快走。「自分の走りだけに集中できたから、一歩一歩脚が進んでいった」と分析した。

 今季は飛び出しから30メートルの走りに重点を置いてきた。低い姿勢を保ち、中盤以降の加速につなげる。「もっと低く、鋭く」を意識するあまり、準決勝は集中を欠いて10秒19にとどまったが「スタートは悪くない。中間も地面の力をもらいながら走れている」と手応えを得ていた。

 昨年は6位に沈んだ。日本人初の9秒台は桐生に先を越され、「気持ちの面で起伏の激しいシーズンだった」と振り返る。それでも筋力トレーニングで土台をつくり上げ、スタートや中盤でより良い走りを追求してきた。

 アジア大会の代表にも決まった。9秒91を出した蘇炳添ら中国勢の後れを取るつもりはない。「次はアジア一を目指して頑張りたい」と高らかに宣言した。 (佐藤航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報