東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

栄光の旗、3代目 夏の甲子園100回大会

今夏の第100回全国選手権大会の優勝校に授与する「深紅の大優勝旗」=27日、兵庫県西宮市の甲子園球場で

写真

 日本高野連は二十七日、兵庫県西宮市の甲子園球場で、今夏の第百回全国選手権大会の優勝校に授与する新しい「深紅の大優勝旗」を披露した。優勝旗は三代目で、百回大会に合わせて、新調した。

 京都市の「平岡旗製造」が制作した。三代目の優勝旗は二代目と同様に、西陣織の技法「つづれ織り」を採用。深紅に染めた正絹の糸と金糸が使われ「優勝」の文字や、ハトと月桂(げっけい)樹の絵柄が手作業で織り上げられている。縦百二十センチ、横百五十センチ、重さ四・五キロで、制作費は約千二百万円。下部には、「勝者に栄光あれ」を意味するラテン語で「VICTORIBUS PALMAE」の文字が入っている。

 日本高野連の八田英二会長は「この旗が伝統の重みをまとって、引き継がれていくことを切に願います」とあいさつした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報