東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

若手コンビがサヨナラ呼ぶ 神里同点3ラン、佐野が決めた

9回DeNA1死一、二塁、代打佐野がサヨナラ二塁打を放つ

写真

◇DeNA5−4広島

 DeNAがサヨナラ勝ちで連敗を3で止めた。1−4の八回に神里の3ランで追い付き、九回1死一、二塁から代打佐野が二塁打を放った。山崎が2勝目。広島は連勝が6で止まった。

 同点の九回1死一、二塁。DeNAの代打・佐野は「ドキドキしながら打席に入った」。初球、狙っていたアドゥワのチェンジアップを振り抜いた打球は右翼フェンスに直撃する。「夢のような時間だった」。人生初のサヨナラ打。チームメートの手荒い祝福を受け、2年目の23歳が破顔した。

 この日まで6連勝の広島と、3連敗のDeNA。対照的なチーム状態を表すかのように、七回を終えて1−4。敗色濃厚な空気を、まずはルーキーの神里が振り払った。

8回DeNA無死一、二塁、神里が右越えに同点5号3ランを放つ=いずれも横浜スタジアムで

写真

 八回無死一、二塁。同級生の乙坂、柴田が連打で築いた好機に「自分も何とかつなぐ」と、ジャクソンの甘いスライダーを仕留めた。右越えの同点3ラン。一振りで流れを引き寄せ、最後は佐野が決めた。

 「今季ベストの試合」。飛躍が期待される若手が躍動し、ラミレス監督も満面の笑みだ。とりわけ佐野は新人だった昨年からその打力を高く買い、日々「スイングスピードが持ち味。ボールを迎えずに、引きつけて捉えろ」と助言を送り続けていた。指導に最高の結果で応え、指揮官も「日ごろのハードワークが実を結んだ」とうなずいた。

 この日は右太もも裏痛で離脱していたロペス、不振で再調整していた倉本がそろって復帰。ともに2安打と存在感を示した。8勝15敗と苦しむ6月も、あと1日で終わり。反撃態勢は整いつつある。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報