東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高橋大輔さん異例復帰 フィギュア五輪銅「現役納得してから、次に」

現役復帰の記者会見を終え、笑顔を見せる高橋大輔さん=1日、東京都内で

写真

 フィギュアスケート男子で二〇一〇年バンクーバー冬季五輪銅メダルの高橋大輔さん(32)が一日、一八〜一九年シーズンから現役復帰すると明らかにした。右膝故障の影響もあり、一四年ソチ五輪六位と悔いが残るまま同年十月に引退しプロスケーターとして活動したが、同日夜の記者会見で「現役という形でやって納得がいってから、次にいかないといけないんじゃないかなと思った」と異例の復帰理由を説明した。

 八月のアイスショーに出演後、十二月の全日本選手権の予選を兼ねた十月の近畿選手権が復帰戦の見通し。「(復帰は)一年限定のつもりだが、気持ちが変わるかもしれない」と語り「全日本の最終グループに入って(五輪二連覇の羽生結弦選手らと)六分間練習を一緒に滑りたい」と話した。

 高橋さんは平昌(ピョンチャン)五輪代表選考会だった昨年十二月の全日本を現場で観戦し「この緊張感の中で戦いたい」と思ったという。既に長年師事した長光歌子コーチ(67)の下で本格的な練習を再開し、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も跳んでいるそうで「4回転二種類は跳ばないと格好がつかない。自分のスケートを取り戻す」と意気込んだ。所属先は「関大KFSC」となる予定。

 高橋さんは日本のフィギュア界を長く引っ張り、五輪での表彰台や一〇年世界選手権、一二年グランプリ(GP)ファイナルのタイトルはいずれも日本男子初の快挙だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報