東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

巨人、逆転3連勝 3位浮上  

DeNAに勝利しマウンドでガッツポーズする巨人のマシソン=東京ドームで

写真

◇巨人6−5DeNA

 巨人が逆転で3連勝とした。六回に坂本勇が同点2ラン。2−4の七回は陽岱鋼、代打宇佐見が連続で2点二塁打を放った。マシソンが八回2死から好救援を見せて3セーブ目をマーク。DeNAは逃げ切りに失敗した。

◆マシソン 圧巻の4者三振締め

 出番は、予定よりアウト一つ分だけ早く訪れた。八回2死一、三塁。直前に沢村が危険球退場となり、巨人のマシソンが急きょマウンドに上がった。リードはわずか1点。終盤に迎えたピンチにも、右腕は余裕たっぷりだった。「こういう場面が一番好き。楽しもうと思った」

 打席には売り出し中のルーキー神里。初球、スライダーでストライクを稼ぐと、150キロ超の直球を3球。最後は再びスライダー。空を切らせ、窮地を脱した。

 九回もソト、筒香、宮崎の中軸を全て三振で仕留めた。「三振にこだわるよりも、一球一球集中した結果」と振り返ったが、圧巻の4者連続三振で試合を締めくくった。

 来日7年目。昨季まで5年連続で50試合以上に登板しているタフネス右腕に対し、高橋監督も「いろいろなところでよく投げてくれる」と信頼を置く。当初抑えを託されていたカミネロの不振により、6月末から代役を務め、これが今季3セーブ目となった。

 「ブルペンが一つになっている。カミネロが戻ってくるまで、彼の仕事をしっかり頑張りたい」とマシソン。球宴前の9連戦初戦を頼れる剛腕の快投で制し、チームは3位に浮上した。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報