東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

稀勢の里、8場所連続休場 横綱ワースト記録に

稀勢の里

写真

 大相撲の横綱稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が五日、八日に初日を迎える名古屋場所(ドルフィンズアリーナ、中日新聞社=東京新聞=共催)を休場すると明らかにした。名古屋市の田子ノ浦部屋での朝稽古後、「必死に調整してきたがうまく進まず、休場する。来場所に全てを懸ける気持ちで頑張りたい」と語った。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)も「もう一回チャンスをもらえれば」と話した。 

 稀勢の里の休場は八場所連続で、年六場所制となった一九五八年以降では七場所連続で全休した貴乃花を抜いてワースト記録を更新。次に出場する場所では進退問題に直面することになりそうだ。稀勢の里は「そういう気持ちで臨みたい」と覚悟を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報