東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

錦織、3年連続3回戦へ テニス・ウィンブルドン

男子シングルスで3回戦に進出した錦織圭=ウィンブルドンで(共同)

写真

 【ウィンブルドン=共同】ウィンブルドン選手権第4日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス2回戦で第24シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング184位のバーナード・トミック(オーストラリア)に2−6、6−3、7−6、7−5で逆転勝ちし、3年連続で3回戦に進出した。

 錦織は1932年と33年に4強入りした佐藤次郎を抜き、日本男子最多の大会通算15勝目。3回戦で第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)と対戦する。

 女子ダブルス1回戦で穂積絵莉(橋本総業)加藤未唯(ザイマックス)組は第1シードのティメア・バボシュ(ハンガリー)クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)組に4−6、3−6で敗れた。

 二宮真琴(橋本総業)オクサナ・カラシニコワ(ジョージア)組もアリーナ・ロディオノワ(オーストラリア)マリナ・ザネフスカ(ベルギー)組に4−6、2−6で屈した。

 女子シングルス2回戦では全仏オープン女王で第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が順当勝ちしたが、昨年優勝で第3シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)が敗れる波乱があった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報