東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷、決勝7号 復帰後初

ドジャース戦の7回、代打で勝ち越しの7号ソロを放つエンゼルス・大谷=アナハイムで(共同)

写真

 【アナハイム=共同】8日、各地で行われ、エンゼルスの大谷が当地でのドジャース戦で3−3の七回に代打で出場し、決勝の7号ソロを放った。本塁打は5月17日以来で、右肘故障から復帰後は初。代打本塁打はメジャー自身初となった。チームは4−3で勝った。

 ダイヤモンドバックスの平野はパドレス戦で3−3の延長十回に7番手で登板し、1回を無安打無失点、2三振だった。チームは延長十六回、3−4で敗れた。

 パドレスの牧田は傘下のマイナー、3Aエルパソに降格した。

 【アナハイム=共同】7日、各地で行われ、エンゼルスの大谷は当地でのドジャース戦に「6番・指名打者」でフル出場し、4打数無安打、2三振で3試合連続無安打となった。チームは1−3で敗れた。

 パドレスの牧田は傘下のマイナー、3Aエルパソからメジャー昇格し、ダイヤモンドバックス戦で3−8の三回から2番手として登板した。2回を投げて2本塁打を含む5安打7失点(自責点5)、3三振3四死球で勝敗は付かなかった。チームは5−20で大敗した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報