東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

白鵬休場 2日目取組前に足滑らせ負傷

 西横綱白鵬(33)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が11日、日本相撲協会に「右膝蓋腱(しつがいけん)損傷、右脛骨(けいこつ)結節剥離骨折の疑いにより、2週間の安静を要す」との診断書を提出し、休場した。この日の対戦相手だった千代の国は不戦勝となった。

 師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、2日目(9日)の取組前に支度部屋で足を滑らせたことが原因。2日目の取組後に違和感を感じていたものの3日目は出場し、この日になって「脚が曲がらない」と訴えたという。

 白鵬の休場は春場所以来で、横綱昇進後では7度目。今年に入ってからは3度目の休場となり、親方は「年齢的なものもあるかもしれない」と語った。

 白鵬の診断書が提出されたのはこの日の午後。協会審判部が5日目の取組を発表した後で組み直す「割り返し」を行うなど審判部は対応に追われた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報