東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

鶴竜が休場 19年ぶり、横綱3人全員不在に

厳しい表情で引き揚げる横綱鶴竜=12日、名古屋市で

写真

 大相撲の東横綱鶴竜(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が名古屋場所(中日新聞社=東京新聞=共催)六日目の十三日、日本相撲協会に「右肘関節炎で十三日より二週間の安静休務を要する見込み」との診断書を提出して休場した。五日目を終えて三勝二敗と精彩を欠いていた。

 今場所は稀勢の里が初日から、白鵬は四日目から休場。三横綱全員不在は貴乃花、三代目若乃花、曙の一九九九年春場所以来十九年ぶりで、昭和以降五度目。横綱が本場所で不在になるのは、一人横綱の朝青龍が三日目から休んだ二〇〇六年夏場所以来。複数在位する横綱が全員本場所を休んだのは、朝青龍と武蔵丸がともに途中休場した〇三年名古屋場所以来となる。

 師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)によると、場所前の稽古で右肘を痛めた。親方は「横綱不在となり申し訳ない」と話した。

 鶴竜は自身初の三連覇で六度目の優勝を目指したが、四、五日目と平幕相手に二連敗していた。休場は昨年十一月の九州場所以来十度目となった。六日目の対戦相手、平幕千代の国は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は十両蒼国来を含め、四人目。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報