東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

新大関栃ノ心も休場 右足負傷

栃ノ心

写真

 大相撲の西大関栃ノ心(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=が名古屋場所七日目の十四日、日本相撲協会に「右母趾(ぼし)MP関節側副靱帯(じんたい)損傷で約一カ月間の休業、加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。初黒星を喫した六日目に右足親指を痛めていた。新大関の休場は二〇〇〇年夏場所の武双山以来。

 今場所は鶴竜、白鵬、稀勢の里が休場し、十九年ぶりに三横綱全員が不在。さらに初日から五連勝と好調だった注目の新大関までが離脱する異常事態になり、今後の盛り上がりが懸念される。

 栃ノ心は愛知県春日井市の春日野部屋の稽古場にまわし姿で下りたが、体をほとんど動かさなかった。「相撲を取りたいけど、今の状態では出ても力が出ない」と悔しさをにじませた。このまま休んで負け越せば来場所はかど番となるが、回復次第では再出場の意思があり、師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「骨折はしていないが、(関節が)外れているのは確か。痛みが劇的に改善したら出る」と説明した。

 栃ノ心の休場は一七年初場所以来七度目。七日目の対戦相手、平幕正代は不戦勝となる。今場所の十両以上の休場者は、十両蒼国来を含めて五人目。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報