東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

新監督に立命大OB・橋詰氏内定 日大が改善報告書

橋詰功氏=立命館大アメフット部パンサーズガイド2017から

写真

 悪質な反則問題で公式試合の出場資格が停止されている日本大アメリカンフットボール部の新監督に、強豪の立命館大でコーチを務めた実績がある橋詰功氏(54)が内定したことが17日、関係者への取材で分かった。辞任した内田正人前監督(62)の後任となる。7人の外部有識者による選考委員会は同日、氏名非公表の監督候補1人を選考したと発表した。

 日大は17日、処分解除のために求められているチーム改善報告書を関東学生連盟に提出した。原因究明と、それを踏まえた再発防止策を盛り込んだという。関東学連の検証委員会と理事会が内容を精査し、7月末までに今秋のリーグ戦への参加可否を判断する。

 日大は選考委の判断を常務理事会に報告し、関東学連にも伝えたという。関東学連の裁定を受けて、新監督は最終決定する。コーチ陣は橋詰氏と選考委が協議して決める。

 立命大OBの橋詰氏は1994年に立命大コーチに就任。米オクラホマ大への1年間のコーチ留学を経て、攻撃コーチとして2003、04年の日本選手権、ライスボウル2連覇に貢献した。08〜11年には京都・立命館宇治高でヘッドコーチを務め、14年からは滋賀・立命館守山高をコーチとして指導している。

 日大によるアメフット部OB以外を対象とした新指導陣の公募には69人の応募があった。元京都大監督の水野弥一氏(78)も推薦されていたが、選ばれなかった。

 選考委員会は選考基準として、選手の自主性・独立性を尊重した抜本的なチーム改革をする能力、競技を通して品格や倫理観を浸透させる方法論、選手との相互理解を基盤とする時代に適した指導力などを挙げていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報