東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

残ったのは…高安! 御嶽海 連勝止まる

土俵際でこらえ、体が残った高安(左)に敗れた御嶽海

写真

◇大相撲名古屋場所<12日目>

 関脇御嶽海は大関高安に突き落としで敗れ、初黒星を喫した。ただ平幕の栃煌山と朝乃山がともに敗れて2敗が消え、後続との2差は変わらなかった。高安は勝ち越して、かど番を脱出した。

 大関豪栄道は遠藤を押し出して9勝目。関脇逸ノ城は星を五分に戻し、小結玉鷲は7勝目。1敗の御嶽海を3敗で追うのは豪栄道、平幕の豊山、栃煌山、朝乃山の4人となった。十両は貴ノ岩が11勝1敗で単独首位をキープ。

   ◇

 初黒星を喫して支度部屋に戻った御嶽海が、待ち構える報道陣に珍しく背を向けて座った。軍配差し違えで落とした際どい勝負。黙して語らず、じっと心を整える。髪を結い直して引き揚げる段になって、「しょうがないね」と声を絞り出した。

 6連敗中と分が悪い大関高安を、冷静な相撲で追い詰めたはずだった。右上手で前みつを取って脇を締め、左を差したい相手の攻め手を封じる。自らの左差しも十分でないと見るや、タイミング良く右から出し投げ。背中を見せて向き直った高安に対し、勝負どころとみて一気に出る。自らは押し出そうと攻めたが、前のめりになったところで突き落としを食った。

 俵の上で踏ん張る高安の左足親指が土俵の外の土につくのと、御嶽海の体が飛び出すのはほぼ同時。館内に悲鳴と歓声が交錯する。軍配は全勝の関脇に上がったが物言いがつき、協議した結果は高安の勝利。阿武松審判部長(元関脇益荒雄)は「高安の指が残っていた」と説明した。

 ここまでの11連勝と同じように、内容としてはうまさも強さも感じさせる取組。それだけに悔しさは募る。「大関相手にも勝たないと意味がないでしょ」。ただ、2敗だった栃煌山と朝乃山もそろって敗れ、星の差二つで優位に立つ状況は変わらない。

 前日は気温40度近くまで達した名古屋の酷暑が、この日はほんの少しだけ和らいだ。「まあ、いいクールダウンでしょう」。真夏の空模様になぞらえ、淡々と敗戦を受け止めた。3敗の大関豪栄道とぶつかる13日目から、再び初優勝への歩みを進めることができるか。大事な一番がまだ続く。 (佐藤航)

◆窮地で意地 かど番脱出

 高安が負けなしの御嶽海を止め、大関の意地を見せた。出し投げで体が1回転する窮地に立たされたが、土俵際で起死回生の突き落とし。「連敗して精神的プレッシャーがあった。それに打ち勝たないといけなかった」と話した通り、先に土俵を割りそうになってもあきらめず、俵をつたいながらこらえた。

 11日目に4敗目。早々と優勝が絶望的になったが、3横綱不在の中で、初優勝を目指すホープの壁となった。勝ち越しも決め、かど番を脱出。「残り3日間、存在感を示したい」と気を引き締めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報