東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

夏男桑原、サイクル安打 今季3人目 DeNAが快勝

◇DeNA10−3阪神

 桑原がサイクル安打を達成したDeNAが快勝。初回先頭打者本塁打で同点とし、二回は柴田の勝ち越し二塁打に適時打で続き、四回は三塁打で追加点の足場を築いた。六回途中1失点の東が7勝目。5連敗の阪神は借金7。

     ◇

 お立ち台で、少年野球をやっているという女の子から「どうしたら打てるか」と聞かれ、DeNAの桑原が答えた。「自信を持って、強気で打席に立ってください」。その強い気持ちを取り戻したことが、サイクル安打達成につながったのかもしれない。7月は5割近い打率を誇るリードオフマン。球史に名を刻み、何度も白い歯がこぼれた。

 まずは1点を先制された直後の一回。「流れを引き寄せることを考えた」。秋山のカットボールを左翼席へ放り込み、同点に。二回は左前適時打。四回には右翼フェンス直撃の三塁打を放ち、わずか3打席で偉業に王手をかけた。

 六回は四球を選び、先頭で迎えた八回の第5打席。周囲の期待は感じていたが、「自分のプレーに徹する」と冷静だった。初球を左中間へ。相手中堅手の捕球体勢が万全でないと判断すると、快足を飛ばして一気に二塁を陥れた。

 昨季は全試合に「1番・中堅」で先発。不動の地位を築いたが、7年目の今季は春先から打撃不振に。新人の神里らの台頭もあり、開幕5戦目にはスタメン落ちを味わった。「悔しさしかなかった。プレーしたい、勝利に貢献したい気持ちは強くなった」。今季から背番号は1。チームを引っ張る自覚も芽生えた。

 昨年も7月に調子を上げ、初めて月間MVPに選ばれた。21日は25歳の誕生日。自らのバットで一足早く祝い、「野球人生の中で一番うれしかった」と喜びに浸った。 (中川耕平)

阪神戦でサイクル安打を達成したDeNA・桑原の4打席。(左から)1回の左越え本塁打、2回の左前打、4回の右越え三塁打、8回の左中間二塁打=横浜で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報