東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

森保氏、代表監督就任へ 26日の理事会で承認

森保一氏

写真

 サッカー日本代表の次期監督に東京五輪男子代表を率いる森保一氏(49)が就任することが21日、分かった。26日の日本サッカー協会理事会で承認され、新体制が発足する。東京都内で取材に応じた田嶋幸三会長が、具体名の明言は避けつつも「できれば、そこ(26日)までにサインできればいい」と話した。

 日本協会は20日の技術委員会で新監督の人選を関塚隆技術委員長に一任。報告を受けた田嶋会長は、関塚委員長が候補者を一人に絞っていることを認めた。

 既に就任に前向きな姿勢を示している森保氏は21日に大阪市内で「僕からお話しできることはない。いろいろなところで名前を出していただくことは光栄でありがたいが、契約ごとなのでそこはいろいろな進め方があると思う」と語った。

 4月に就任し、ワールドカップ(W杯)ロシア大会でチームを16強に導いた西野朗監督(63)は今月での退任が決まっている。技術委員会では5月からW杯後も日本人指導者を軸にする基本方針を固めており、ロシア大会でコーチとして日本代表を支えた森保氏が早くから後任の最有力候補に挙がっていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報