東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

F・モリナリ初V 全英オープン イタリア勢初

優勝しトロフィーを手に笑顔のフランチェスコ・モリナリ=カーヌスティ・リンクスで(共同)

写真

 【カーヌスティ(英国)=共同】男子の全英オープン選手権は22日、英国北東部のカーヌスティ・リンクス(パー71)で最終ラウンドが行われ、5位から出た35歳のフランチェスコ・モリナリが69をマークして通算8アンダー、276でイタリア勢としてメジャー初制覇を果たした。優勝賞金は189万ドル(約2億1000万円)。欧州、米ツアーを合わせて通算7勝となった。

 2打差の2位にザンダー・シャウフェレ(米国)、ロリー・マキロイ(英国)ら4人が並んだ。タイガー・ウッズ(米国)は中盤に首位に立ったが失速し6位。

 74とスコアを落とした小平智は通算1オーバーで35位、川村昌弘は2オーバーの39位。77と崩れた宮里優作は3オーバーの47位、池田勇太は4オーバーで51位だった。

<フランチェスコ・モリナリ> アマチュアとしてイタリアの国内タイトルを取り、04年にプロ転向。05年から主に欧州ツアーを転戦し今年5月までに通算5勝。14〜15年シーズンから米ツアーに本格参戦し、今年6月末からのクイッケンローンズ・ナショナルで初優勝を飾った。兄のエドゥアルドもプロで、09年の国・地域別対抗戦、ワールドカップ(W杯)は2人で組んで優勝。トリノ出身。173センチ、73キロ。35歳。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報