東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

バレ、2位浮上の特大弾 山田哲と並ぶ23号 苦しい救援陣救う

5回無死一、二塁、バレンティンが左越えに逆転の23号3ランを放つ=京セラドームで

写真

◇ヤクルト6−5巨人

 ヤクルトが5連勝で2位に浮上した。0−2の五回に山田哲の適時打とバレンティンのリーグトップに並ぶ23号3ランなどで5点を奪って逆転した。巨人は終盤に追い上げたが、好機を生かせず5連敗で3位に転落した。

 ◇ 

 背中までバットを振り切ったヤクルトのバレンティンは、その場から動かない。「思い切って振った。すごい当たりだった」。京セラドームの5階席まで飛んだ打球を余裕の表情で見詰めた。

 五回に山田哲の適時打で1点差に迫り、なお無死一、二塁。バレンティンはど真ん中に入ったヤングマンのカーブを完璧に捉えた。9日の初対戦では手玉に取られた決め球を打ち砕いた。

 山田哲に並び、23本塁打でリーグトップに立った。「お互いに打ててうれしいが、一番大事なのは勝つこと」。小川監督は「打つべき人が打っているのはチームとして大きい」と言い、ライバル関係にある二人を頼もしく見ている。

 昨年もこの時期に大暴れし、5試合連続本塁打を放った。

 ただ、今はモチベーションが違う。1年前は首位と20ゲーム以上差が開いていたが、今は上位争いを繰り広げて2位に浮上。交流戦の主役だった救援陣は、疲労もあって状態が落ちてきた。苦しい時期に、強力打線が原動力となって5連勝に導いた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報