東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

内田氏が異議申し立てへ 悪質反則問題 除名処分不服、井上氏も

 アメリカンフットボールの悪質反則問題で、反則指示をしたとして関東学生連盟から除名処分を受けた日本大の内田正人前監督と井上奨前コーチが処分を不服とし、近く異議申し立てをすることが25日、関係者への取材で分かった。資格剥奪とされた森琢前ヘッドコーチは既に異議を申し立てた。

 5月の定期戦で日大の選手が危険なプレーで関西学院大の選手を負傷させた。調査した関東学連の規律委員会と日大の第三者委員会は内田氏らの反則指示を認定。

 内田氏は5月下旬の記者会見で指示を否定したが、自宅待機となった6月以降は公の場で反論していない。関東学連は6月26日の総会で内田、井上両氏の処分を正式決定。通知を受けてから30日以内なら異議申し立てができる。

◆日大側は反則指示認める

 日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、日大側が関東学生連盟に提出したチーム改善報告書で内田正人前監督ら指導陣から反則指示があったことを認めていることが25日、関係者への取材で分かった。日大側は指導者と選手に「受け止め方で隔たりがあった」と主張してきたが、第三者委員会が6月末に指導陣からの指示を認定した中間報告に従い前監督らに責任があることを明確にした。

 また、内田前監督が日大の常務理事や人事部長など強い権力を握っていたことも問題の背景にあったと認め、再発防止策として、大学運営に携わる理事らが監督やコーチなどを兼務しないことを盛り込んだ。

 5月に危険なプレーをして関西学院大の選手を負傷させた日大アメフット部は、2018年度シーズン終了までの公式試合の出場資格を停止された。日大側は処分解除の条件とされた再発防止策などをまとめたチーム改善報告書を17日に提出。関東学連は検証委員会を設置して報告書を精査し、今月末に理事会で処分解除の可否を判断する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報