東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷連発、2桁本塁打

インディアンス戦の3回、2打席連続本塁打を放つエンゼルス・大谷=クリーブランドで(共同)

写真

 【クリーブランド=共同】米大リーグ、エンゼルスで投打の「二刀流」に挑む大谷翔平(24)がクリーブランドの敵地プログレッシブ・フィールドで行われたインディアンス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、一回に左翼に先制の2ランを放ち、メジャー一年目で2桁本塁打に到達した。日本選手では二〇一二年にブルワーズで10本塁打を記録した青木宣親(現プロ野球ヤクルト)以来六年ぶり。

 2−3の三回には2打席連続となる同点の11号ソロを放ち、メジャー自身初の1試合2本塁打をマークした。八、九回は安打を放って初の4安打の固め打ちで、チームの7−4の勝利に貢献した。

 六月に右肘故障のため戦列を離れ、七月には打者先行で復帰した。4勝(1敗)を挙げる投手では復帰のめどが立っておらず、ベーブ・ルース以来、百年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」の快挙達成は厳しい状況になっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報