東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ロドリゲス、背信救援 中日6連勝ならず

8回巨人1死、長野に勝ち越しソロを許した中日・ロドリゲス=ナゴヤドームで

写真

◇巨人6−4中日

 巨人が競り勝った。3−4の四回は菅野の適時打で同点。八回は長野のソロ本塁打などで2点を勝ち越した。好救援の池田がプロ初勝利。中日はロドリゲスが崩れ、来日初黒星。14安打で14残塁と攻め切れず、連勝は5で止まった。

     ◇

 球威は十分。ただ、少しだけ高かった。八回1死、中日のロドリゲスが投じた長野への初球。渾身(こんしん)の150キロはフルスイングの餌食となり、左翼スタンドへ消えた。来日して、ちょうど10人目の打者に初めて浴びた安打で均衡を破られた。「全力で抑えにいったが打たれてしまった」と肩を落とす。

 小笠原、菅野の両先発が5回4失点で降板した。「リリーフ陣がどういうゲームづくりをするか」。森監督の読み通り、六回以降の守り合いが勝敗を分ける展開に突入した。まずは福谷が2回を内野安打1本、打者6人で片付けた。巨人も池田が2回無失点と踏ん張り、バトンは2人目の救援投手に渡された。

 そこで食らった痛恨の一発。「インコースのサインだったので、もうちょっと内側に。そして、もう少し低く投げなければいけなかった」とロドリゲスは悔いた。森監督は、一発のある長野に対して内角を要求した配球自体について、バッテリーに苦言を呈す。「簡単にいきすぎているのではないか。少し覚えていかないと。日本の野球というのを」

 一発を浴びた後もマルティネスに四球を与え、最終的には暴投で2点目を失った。ロドリゲスは「焦ったと思う。もうちょっと冷静に投げなければいけなかった」と反省した。

 6連勝には届かなかった。四回以降の無得点も痛かったが、巨人を上回る14安打と打線は変わらず好調だ。「連勝はいつか止まる時が来る」と森監督も覚悟していたように、大切なのは次の試合。惜敗を引きずるのか、糧とするのか。 (高橋隆太郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報