東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

伊調、東京五輪目指す 10月の全日本女子OPで復帰へ

写真

 レスリング女子で五輪4連覇を果たしたリオデジャネイロ五輪後から戦列を離れていた伊調馨(34)=ALSOK=が2020年東京五輪を目指して復帰することが7日、関係者の話で分かった。

 10月13、14日に静岡県の三島市民体育館で開催される全日本女子オープン選手権に出る見通し。優勝すれば、来年の世界選手権の代表選考会を兼ねる12月の全日本選手権の出場権を得られる。

 伊調らに対し日本レスリング協会の栄和人前強化本部長のパワーハラスメントがあったと今年1月、告発があり、4月に日本協会の第三者委員会が問題行為を認定。その後、伊調は指導を受ける田南部力氏がコーチを務める日本体育大を拠点に本格的な練習を再開していた。

 女子個人種目で五輪4連覇は史上初だった。リオ五輪で闘った58キロ級よりも軽い階級での復帰を検討しているという。日本協会の幹部は「本人がやるというなら、協会もバックアップする」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報