東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

アマダー薬物違反 楽天、出場停止6カ月

写真

 日本野球機構(NPB)は9日、楽天のジャフェット・アマダー内野手(31)がドーピング検査で禁止薬物が検出されたとし、同日から来年2月8日までの6カ月間の出場停止処分を科したと発表した。2007年にドーピング検査を本格導入したプロ野球で、違反者は5人目。

 アマダーは6月13日の中日戦(楽天生命パーク宮城)で検査の対象選手となり、試合後に尿検体が採取された。7月23日に分析機関から利尿作用のあるクロルタリドンとフロセミドが検出されたと報告があった。同30日のヒアリングでアマダーは意図的な摂取を否定したが、検査結果に異議は申し立てなかった。

 楽天は9日、アマダーを自宅謹慎にすると発表。摂取物を再度調査して、改めて事実関係と処分内容を公表する予定。アマダーは球団を通じて「過去数々のドーピング検査を受けてきたが、すべて陰性。今回の陽性反応は大変な驚きとともに、身に覚えのないことでとても不安」などとコメントした。

 アマダーは来日3年目で、今季は62試合に出場し打率2割6分9厘、20本塁打、42打点。今月3日に出場登録を外れた。過去の違反者は07年のリック・ガトームソン(ソフトバンク)、08年のルイス・ゴンザレス(巨人)、ダニエル・リオス(ヤクルト)、11年の井端弘和(中日)の4人。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報