東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本男子銀、女子銅 400メドレーリレー パンパシ選手権

 パンパシフィック選手権第4日は12日、東京辰巳国際水泳場で行われ、競泳男子200メートル平泳ぎで世界記録保持者の渡辺一平(早大)が2分7秒75の大会新記録で金メダルを獲得した。小関也朱篤(ミキハウス)は2分8秒25の4位。

 男子200メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が1分55秒12で2位に入り、100メートルに続いて今大会二つ目の銀メダルを獲得した。

 400メートルメドレーリレーの男子で日本(入江、小関、小堀、中村)が3分30秒25で2位に食い込んだ。女子は日本(酒井、青木玲、池江、青木智)が3分55秒03の日本新記録で3位となった。

 女子200メートル平泳ぎは鈴木聡美(ミキハウス)が2分22秒22で3位に入った。青木玲緒樹(ミキハウス)は4位だった。女子50メートル自由形の18歳、池江璃花子(ルネサンス)は24秒60の6位で表彰台を逃した。

 今大会から実施の国別対抗戦は米国が447・5点で優勝し、日本は318点で3位だった。

男子200メートル平泳ぎ決勝2分7秒75の大会新記録で優勝した渡辺一平=東京辰巳国際水泳場で

写真

◆渡辺、大会新で金 200平

 最後の50メートルでぐんぐん伸びた。「狙った大会でなかなか勝てていなかった。とてもうれしい」。男子200メートル平泳ぎの渡辺が、ほっとした表情を浮かべた。この種目の世界記録保持者だが、主要国際大会で金メダルを獲得するのは今回が初めてだ。

 6月の欧州グランプリ後に体調不良に陥り、約2カ月ぶりの実戦復帰だった。体力を温存するために予選は抑え気味。ピークを合わせた決勝は無心に徹した。「展開は感覚に任せた」。上位が並ぶように突入した150メートルターンでは3位。このとき周りを見ないように目を閉じていたという。順位は気にせずラストスパート。ただ自分の底力を信じて水をかいた。

 タイムは大会新となる2分7秒75。しかし世界記録からは1秒以上も遅く、決して満足はできない。収穫は大舞台でライバルたちに競り勝ったこと。「勝負強い選手になる。これからどんどん強くなりたい」と決意を新たにした。 (磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報