東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

居合道、段位審査で現金要求 剣道連盟、授受認める

 全日本剣道連盟の居合道の段位審査で、審査員から現金を支払うよう要求されたとする受験者(受審者)の男性が、内閣府公益認定等委員会に告発状を提出していたことが十七日、分かった。連盟は同日、受験者が合格目的で審査員らに現金を渡す不正行為が慣例化していたと認めた。

 関係者によると、男性は告発状で、二〇一二年に八段の審査を受けた際、複数の審査員に計六百五十万円を渡すよう求められたと訴えた。連盟は、この事案については調査の結果、告発内容を裏付ける証拠が出てこなかったとした。しかし、同年に最高位の範士の審査で、受験者が審査員ら七人に計百万円程度を配ったケースと、一六年に八段の審査で受験者が審査員らに渡してもらう目的で指導者に約二百万円を預けた件を明らかにした。いずれも受験者は不合格だった。

 連盟は金銭授受に関わった関係者に対し、個人会員資格停止や段位・称号の自主返上・停止などの処分を行ったが、事実関係を認めて反省している者については処分の執行を猶予した。中谷行道常任理事は「大変な問題。あってはならないことが起きた」と述べ、審査員の氏名を当日まで秘匿するなどの再発防止策を講じたと説明した。

 内閣府は告発状を受け、全日本剣道連盟が加盟する日本オリンピック委員会(JOC)、日本スポーツ協会に事実の確認を求めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報