東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

バスケ4選手、代表取り消し アジア大会公式着で歓楽街に

バスケットボール男子日本代表選手が公式ウエアで歓楽街を訪れた問題を受けた記者会見で、頭を下げる日本選手団の山下泰裕団長=20日、ジャカルタで(潟沼義樹撮影)

写真

 【ジャカルタ=山上隆之】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表の選手四人が深夜、公式ウエアを着て歓楽街を出歩き、カラオケ店の女性従業員を連れ出していたことが分かり、日本選手団は二十日、四人の代表認定を取り消したと発表した。日本オリンピック委員会(JOC)が定める行動規範に抵触したとしている。認定取り消しの処分は十九日付で、四人を二十日早朝に帰国させた。

 山下泰裕団長は記者会見し、「多くの国民の期待を裏切る行為があり、誠に残念で心から深くおわび申し上げる。行動規範の徹底を図り、全力で再発防止に取り組む」と陳謝した。

 四人はいずれもBリーグの橋本拓哉(23)=大阪、今村佳太(22)=新潟、佐藤卓磨(23)=滋賀、永吉佑也(27)=京都=の各選手。

 山下団長らによると、日本代表チームは十六日午後六時半からの一次リーグ二戦目のカタール戦に出場。四人はその後、「JAPAN」の文字が入った公式ウエアのシャツ姿で、「ブロックM」と呼ばれる歓楽街に繰り出した。

 和食店で飲食後、日系人に声をかけられてカラオケ店に立ち寄り、それぞれ女性従業員を連れ出してホテルに行き、不適切な行為に及んだ。四人は待ち合わせて十七日未明、選手村に戻った。四人はいずれも事実関係を認め、反省しているという。

 行動規範には「競技活動には国民の税金を含む強化資金が提供され、アジア大会への派遣は国費で賄われている」と指摘。「競技での活躍だけでなく、競技を離れた場でも社会の規範となる行動を心がける」と記し、選手らに規律ある行動を求めている。

 バスケ男子代表は二十日現在、一次リーグで一勝一敗となっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報