東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高嶋監督が退任 智弁和歌山、甲子園最多68勝

記者会見後、握手を交わす智弁和歌山の高嶋仁名誉監督(右)と後任の中谷仁新監督=和歌山市で

写真

 甲子園大会で歴代最多監督勝利数の68勝をマークしている智弁和歌山の高嶋仁監督(72)が25日、和歌山市内の同校で記者会見し「いずれ辞める時が来ると思っていた。それがたまたま今になった」と監督の退任を発表した。24日付で名誉監督に就き、後任の監督にはプロ野球阪神などでプレーし、同校コーチを務めた中谷仁氏(39)が就任した。

 退任を決断した理由の一つに「ノックができなくなったのが大きな要因」と体力面を挙げた。後任の中谷氏には「考え方は一発勝負。今やっている試合を何とか勝つ。それに徹してほしい」と期待を口にした。

 高嶋監督は、智弁学園(奈良)の監督を経て、1980年から智弁和歌山の監督を務めた。甲子園大会は春1度、夏2度制覇。2000年夏の甲子園大会を制した時のチーム本塁打数11とチーム安打数100は現在でも大会記録。ベンチの最前列で、ハッパを掛ける“仁王立ち”は代名詞になっていた。

 21日に閉幕した第100回全国高校野球選手権大会では、1回戦で近江(滋賀)に敗れた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報