東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

錦織、大坂 4強 日本勢男女とも進出は四大大会初 全米オープン

男子シングルス準々決勝 マリン・チリッチを破り、4強入りした錦織圭=ニューヨークで(共同)

写真

 【ニューヨーク=共同】全米オープン第10日は5日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、シングルス準々決勝で女子の大坂なおみと男子の錦織圭(以上日清食品)が勝ち、準決勝に進んだ。日本勢のアベック4強は四大大会で初めて。

 第20シードの大坂は世界ランキング36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6−1、6−1で下し、四大大会初の準決勝進出を決めた。日本女子の4強は全米初、四大大会で1996年ウィンブルドン選手権4強の伊達公子以来22年ぶり。昨年準優勝のマディソン・キーズ(米国)はカルラ・スアレスナバロ(スペイン)を6−4、6−3で退けた。6日(日本時間7日)の準決勝で大坂と対戦する。

 第21シードの錦織は2014年大会王者で第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を2−6、6−4、7−6、4−6、6−4で破り、2年ぶり3度目の4強入りを果たした。7日(同8日)に準決勝に臨む。

◆4年前の雪辱果たす

 4年前の決勝ではチリッチ相手に見せ場をつくれなかった錦織が、同じセンターコートで苦い思い出を拭い去った。4時間8分の激闘で打ち勝ち、2年ぶりに4強入りし「全てのポイントに集中した結果。チャンスをものにできたのは大きな自信になる」と喜びをかみしめた。

 序盤は4年前のように劣勢。第1セットを落とし、第2セットも2−4とリードを許し「前のことを思い出させる展開だったが、気持ちも吹っ切れたら、ショットの精度が上がり始めた」と反撃に出た。

 相手サーブの第7ゲームでリターンからリズムを生み、チリッチのフォアハンドを狂わせる。4ゲーム連取でこのセットを奪い返し流れを引き戻すと、シーソーゲームで勝負を分けたのはミスを恐れない強気の姿勢だった。最終セットの5−4で迎えた第10ゲーム。フォアが振り抜けなくなりミスを連発したチリッチに対し、マッチポイントで錦織はスライスサーブを読み、フォアのリターンエースで決着をつけた。「同じように次も積極的にいいテニスをしたい」。4年前に忘れたものを奪いにいく戦いが続く。 (共同)

◆日本女子初の全米4強 57分 成熟の試合運び

女子シングルス準々決勝レシア・ツレンコに勝利し4強入りした大坂なおみ=ニューヨークで(共同)

写真

 3月にツアー大会で初優勝したときよりも進化を遂げた姿を見せた。大坂は「あのときはリードしたら、まだ気が散ることがあった。今は精神的にも違った選手になれている気がする」。今大会初のセンターコート、四大大会初の準々決勝の舞台で、ツレンコにわずか57分のストレート勝ち。再び覚醒した20歳が、日本女子初の全米4強の歴史をつくった。

 コントロールを効かせたサーブで相手のリターンを封じた。第1サーブは最速187キロ。激戦だった4回戦より約5キロもスピードを落とし、力よりも変化と配球を生かして試合を支配した。バイン・コーチが「いろんなサーブを交ぜて、リターンのときに相手のリズムでやらせないことが狙いだった。しっかり組み立てていた」と戦略を遂行した大坂をたたえた。

 ステージが上がっても地に足をつけ、やるべきことを実行している。大坂は「ラケットを壊さなかったことが一番の満足。(ツアー制覇後は重圧などで)苦しんだ時期もあったが、今は成熟した」と柔らかい笑みを浮かべた。4強よりもさらに大きな仕事を成し遂げそうな雰囲気が漂ってきた。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報