東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

錦織、決勝逃す 全米オープンテニス

男子シングルス準決勝 ノバク・ジョコビッチと対戦する錦織圭=ニューヨークで(共同)

写真

 【ニューヨーク=共同】全米オープン第12日は7日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝で第21シードの錦織圭(日清食品)は元世界ランキング1位の第6シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3−6、4−6、2−6で屈した。錦織は2014年大会以来2度目、日本勢で大坂なおみ(日清食品)との男女同時の決勝進出を逃した。

 錦織は相手の堅い守備を突き崩せなかった。ジョコビッチとの対戦成績は2勝15敗となり、これで14連敗。

 09年大会王者で第3シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)は昨年覇者で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)を7−6、6−2とリードしたところで相手が右膝故障で棄権し、9年ぶりに決勝進出。9日午後4時(日本時間10日午前5時)の決勝でジョコビッチはウィンブルドン選手権に続く四大大会2連勝、デルポトロは2度目の頂点を狙う。

◆初タイトルに天敵の壁

 何度もブレークポイントのピンチが続く苦しい展開で錦織は我慢の限界に達した。ジョコビッチの2倍近い51本のミスを数え2時間半足らずでストレート負け。ウィンブルドン選手権の準々決勝に続き天敵の牙城を崩せず「彼のレベルについていけず脚も動かなくなってきた」。4年ぶりの四大大会決勝は遠かった。

 夜のセンターコートで臨んだ大一番は第1セット序盤でつまずいた。ここまで出足は良かった錦織が乱れ第2ゲームでサービスゲームを落とす。難敵に主導権を握られると第2セットは第5ゲーム、第3セットは第3、第7ゲームを破られた。試合が進むにつれて精彩を欠き「彼のしぶとさでショットが決めきれず自滅してしまった」とブレークすることができなかった。

 男子で四大大会のタイトルを分け合い、「ビッグ4」と呼ばれる1人が31歳のジョコビッチ。28歳の錦織は最強4人を追う世代の旗手として注目を集めてきたが、高い壁にはね返されてきた。ジョコビッチにはこれで14連敗。「体力もメンタルもその強さがまだ足りない」と四大大会のタイトルを手にするための課題を再認識した。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報