東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

錦織、ジョコに14連敗 男女同時の決勝逃す

写真

 【ニューヨーク=共同】全米オープン第12日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝で第21シードの錦織圭(日清食品)は元世界ランキング1位の第6シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3−6、4−6、2−6で敗れ、大坂なおみ(日清食品)との日本勢初となる男女同時の決勝進出を逃した。

 錦織は2014年大会以来2度目の準決勝突破はならず、ジョコビッチに対して14連敗。対戦成績は2勝15敗となった。

 第3シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)は昨年王者で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)を退け、優勝した09年大会以来の決勝へ進んだ。7−6、6−2とリードした場面でナダルが右膝故障のため棄権した。

 決勝は9日午後4時(日本時間10日午前5時)に行われ、ジョコビッチは四大大会14度目、デルポトロは2度目の頂点を目指す。

◆主導権奪われ、心も体も消耗

 過去の敗戦と同じような光景が繰り返された。錦織はジョコビッチのしぶとい返球に苦しみ、何度も自滅気味にミス。天敵に14連敗を喫し、四大大会で大坂との男女同時の決勝進出は夢に終わり「(自分)らしさを出せなかった。彼のレベルについていけなかった」と落胆した。

 先にダウンザラインに展開しても、その球が少しでも甘くなるとカウンターを浴びた。「上書きされて鋭い球が飛んできた。主導権を握ることができなかったのが一番の敗因」。得意なはずのストローク戦でじわじわと押され、体力も精神力も消耗していった。

 第2セットの第1ゲームを6度のジュースで粘ってキープしたが、ここが我慢の限界だった。このセットの第5ゲームでブレークを許した後は脚が止まり、プレーの精度が落ちた。相手の29本の2倍近くとなる51本のミスで崩れ、ブレークを一度もできなかった。

 疲労がたまり、元世界1位の難敵相手に大会の前半戦で見せたような会心のプレーは難しかったが「彼との戦いは自分が強くなれる。この敗戦も教訓として持ち帰りたい」と前を向いた。 (共同)

◆対錦織絶対の自信

 ジョコビッチは錦織に対し絶対の自信を持っているのがプレーににじみ出た。長いストローク戦では返球のコースを読んでいるかのような絶妙なポジション取りで主導権を握り、日本のエースを追い込んだ。

 「重圧をかけ続けて、相手を動かしリズムを奪うことを心掛けた」。戦略的なテニスでブレークされたゲームは一度もなかった。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報