東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

野口、貫禄2位 女子ボルダリング世界選手権

女子ボルダリング決勝2位に入った野口啓代=インスブルックで(共同)

写真

 【インスブルック=共同】世界選手権第8日は14日、当地で女子ボルダリングの決勝が行われ、ジャカルタ・アジア大会複合金メダルで29歳の野口啓代(TEAM au)が2位に入り、3大会連続でメダルを獲得した。21歳の野中生萌(同)は5位。

 6人で争われた決勝は各選手が4課題に臨み、野口は2完登をマーク。ボルダリングで前回2016年大会2位で、今季ワールドカップ(W杯)総合優勝の野中は完登なしに終わった。ヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が優勝した。

 女子はリード、スピード、ボルダリングを終え、2020年東京五輪でも実施される3種目の複合で野口が3位、野中が4位となり、上位6選手による16日の決勝に進んだ。

◆苦境で勝負師の底力

 過去2大会の3位を上回った。野口は追い込まれてから底力を発揮し、貫禄たっぷりに表彰台に立った。「一つでも順位を上げて、成長できていることを証明したいと思った。すごくよかった」と笑った。

 決勝は6人のうち半数が完登なしの記録に終わる難易度の高い課題が続いた。準決勝を3位通過した野口も第1、2課題は歯が立たず、前半はメダル圏外だった。「心が折れかけたけど、何とか諦めずに頑張れた」と踏ん張った。

 3課題目を2度目のトライで攻略すると、優勝の可能性がなくなった中でも自慢の保持力を生かして最終課題をただ一人成功させた。準決勝でも最後の課題に成功しないと敗退という苦境をはね返していた。「すごくわくわくした。ぎりぎりの状況が、大会の一番楽しい瞬間」という勝負師の真骨頂だった。

 ワールドカップ(W杯)ボルダリングの年間総合優勝は4度。2年後の東京五輪はスピードとリードを含めた3種目の複合で争われるが、ボルダリングは「ずっとやってきて、大切にしている種目」との特別な思い入れがある。

 念願の世界一には届かなかったが、胸を張れる銀メダルだった。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報