東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

御嶽海、大関昇進絶望的 立ち合い読まれ5敗目

御嶽海(右)は寄り倒しで魁聖に敗れる

写真

◇大相撲秋場所<11日目>

 横綱白鵬が大関高安を押し倒して11戦全勝。横綱鶴竜が大関栃ノ心に寄り切られて初黒星を喫したため、単独首位に立った。高安は2敗に後退。かど番の栃ノ心は7勝目。

 進退を懸ける場所の横綱稀勢の里は関脇逸ノ城に一方的に押し出され、8勝3敗。大関豪栄道は正代を寄り切って9勝目。関脇御嶽海は魁聖に寄り倒されて4連敗で5敗目を喫し、場所後の大関昇進は絶望となった。

 白鵬を1敗で鶴竜、2敗で豪栄道、高安、平幕貴ノ岩の3人が追う。十両は荒鷲、明生ら8人が4敗で並ぶ混戦。

    ◇

 御嶽海の手の内は魁聖に見透かされていた。過去の対戦は1勝4敗。唯一、勝ったのが立ち合いで左に動いた先場所だった。手応えが残っていたのだろう。同じ作戦に打って出たが返り討ちに遭った。

 御嶽海は左にずれるように立ち、当たろうとした。ただ、先場所の記憶が消えないのは相手も同じ。「同じようにやってくるのではと、落ち着いていた。何とか(動きが)見えた」と魁聖。御嶽海はすぐに組み止められると、何もできず寄り倒され土俵下で大の字に。5敗目を喫した。

 取組前の支度部屋で、付け人相手に動作を何度も確認した。「決めていなかったら(体が)動かない」と御嶽海。策におぼれた格好となった。

 夏場所で9勝、続く名古屋場所で13勝を挙げ初優勝を果たし、大関とりに挑んだ今場所。目安とされる三役で直近3場所33勝をクリアするには11勝挙げる必要があった。

 それが消え、土俵下で見守った阿武松審判部長(元関脇益荒雄)は「もう難しいですよね、難しいということです」と場所後の昇進は絶望的との見方を示した。8日目から4連敗となり「鋭さ、スピードがない。序盤戦の動きがなく、相撲内容に急にブレーキがかかった」と続けた。

 師匠の出羽海親方(元幕内小城ノ花)が「勝ち越さないことには来場所にもつながらない」と語るように、負け越せば大関とりは来場所に持ち越せず、振り出しに戻る。

 「まだ白星が先行しているから、気持ちを持ち直して、しっかり白星となるように、あしたから気合を入れます」と御嶽海。福岡に望みをつなげるための残り4日となる。 (禰宜田功)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報