東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

17歳ビロディド強敵 渡名喜は銀 柔道世界選手権・女子48キロ級 

女子48キロ級決勝ウクライナのビロディド(右)に一本で敗れ、銀メダルの渡名喜風南=バクーで(共同)

写真

 女子48キロ級の勢力図が大きく変わった。バクーで行われている世界選手権第1日の20日、ウクライナの新星ダリア・ビロディドが女王の座に就いた。国際柔道連盟(IJF)によると、同階級での17歳での優勝は1993年大会を18歳0カ月で制した田村(現姓谷)亮子を抜いて史上最年少。日本女子の増地克之監督は「彼女を倒さない限り、東京五輪の金メダルはない。しっかり対策を考えたい」と危機感を募らせる。

 ビロディドは身長172センチのすらりとした体形。長身を生かして、奥襟をつかむ。相手を下がらせ、大内刈りを繰り出す。このパターンで白星を重ねている。伸び盛りだけに、これから経験を積んでまだまだ強くなるだろう。決勝で一本負けを喫した渡名喜風南(パーク24)は「2回負けていたので、対策してきた。少ししか出せずに悔しい」と声を絞り出した。

 参考になるのが準決勝のアルゼンチン選手の闘い方。思い切って懐に飛び込み、低い姿勢から背負い投げを放っていった。増地監督は「先に前に出て、相手に圧力をかけるのがいい」と話し、「逆に奥襟をとるのもいいかもしれない。同じ階級の選手に奥襟を持たれたことがないと思う」と次の一手に頭を巡らす。

 48キロ級は谷、福見友子、浅見八瑠奈、近藤亜美(三井住友海上)、渡名喜と数多くの世界女王を輩出してきた日本の看板階級。大会初日に行われることが多く、勢いをつけるためにも好成績が望まれる。打倒ビロディドの対策を練り、実行に移せるか。2年後の東京五輪へ向け、大きな宿題となった。 (バクー・森合正範)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報