東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷、21号ソロ 8試合ぶりの一発 初球フルスイング

レンジャーズ戦の1回、21号先制ソロを放つエンゼルス・大谷。投手サンプソン=アナハイムで(共同)

写真

 【アナハイム=共同】24日に各地で行われ、エンゼルスの大谷は当地でのレンジャーズ戦に「3番・指名打者」で先発出場し、一回に右越えに21号先制ソロ本塁打を放った。三回は一直だった。

     ◇

 エンゼルスの大谷が今季21号本塁打を放った。一回2死走者なしで、レンジャーズの先発右腕・サンプソンの初球をフルスイング。夜空に舞い上がった打球は、そのまま右翼席に吸い込まれた。

 前日までは調子を落としていた。敵地でのアストロズ3連戦では計12打数1安打で本塁打はなし。だが、本拠地に戻り、1打席目の初球で結果を出した。

 8試合ぶりの一発。大谷はこれで日本ハム時代の2016年にマークした自己最多の22本にあと1本とした。「自分ではホームランバッターだと思ってはいない。いろいろなやり方で得点に絡んでいきたい」と話しているが、鮮やかなアーチで本拠地のファンを喜ばせた。 (アナハイム・樋口浩一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報