東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

阿部詩が連覇 女子52キロ級 柔道GS大阪開幕

女子52キロ級決勝 角田夏実(上)を破り2連覇の阿部詩=丸善インテックアリーナ大阪で

写真

 グランドスラム大阪大会第1日は23日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で男女計4階級が行われ、女子52キロ級は18歳の世界女王、阿部詩(兵庫・夙川学院高)が昨年の東京大会に続き2連覇を達成した。

 9月の世界選手権と今大会の連続優勝により全日本柔道連盟の基準を満たし、来年の世界選手権(東京)代表に決まった。

 阿部は準決勝で志々目愛に一本勝ちし、角田夏実(ともに了徳寺学園職)との決勝は延長戦で三つ目の指導を引き出し、反則勝ちした。

 兄で男子66キロ級世界王者の阿部一二三(日体大)は決勝で丸山城志郎(ミキハウス)に延長戦で技ありを奪われて敗れた。丸山は初優勝。

 女子48キロ級は世界選手権2位の渡名喜風南(パーク24)が初めて制し、男子60キロ級は永山竜樹(東海大)が2年ぶり2度目の頂点に立った。60キロ級世界王者の高藤直寿(パーク24)は指導3による反則負けで初戦の2回戦で敗退した。

◆冷静に難敵撃破

 がむしゃらに前へ出る攻撃的スタイルと決勝でみせた「大人の柔道」。女子52キロ級は、阿部が闘いの幅の広さを示して頂点に立った。「びっくりするくらい緊張しなかった。世界選手権を経験したのが大きい」。18歳の女王は落ち着いた口ぶりで振り返った。

 決勝の相手は3連敗中の天敵・角田。この1カ月、負けた映像を何度も見直して研究した。「負けた試合を見るのは嫌い。でも、考えることが大切。それで勝つ柔道に徹した」。4月に敗れたともえ投げを警戒しながら、相手の動きをじっくり見る。隙があれば攻めて、相手に指導を与える老練さ。いつも小気味よく攻める阿部が初めて見せる慎重な姿だった。この闘いを貫き通し、延長で角田に指導を3枚与えて、勝負を決した。

 準決勝は9月の世界選手権決勝で延長までもつれこんだ志々目との再戦。相手が得意の内股にきたところを豪快な内股すかし。わずか23秒だった。「自分で言うのもなんだけど、強くなったなと思った」。そう言ってはにかんだ。熾烈(しれつ)な代表争いを繰り広げる52キロ級。前日には「この大会で勝ってやっと一歩リードできる。でも、その一歩が難しい」と漏らした。ライバルを退け、来年の世界選手権代表の座をもぎとり、東京五輪へ向けて大きな一歩を刻んだ。右肩上がりの成長曲線はしばらく止まりそうもない。 (森合正範)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報