東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

お台場にも聖火台? 東京五輪、新国立と2カ所設置検討

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの聖火台について、東京都や組織委員会などがメインスタジアムとなる新国立競技場と、都市型スポーツの会場を集めた臨海部の「アーバンクラスター」の二カ所に設置する方向で検討していることが分かった。関係組織トップによる調整会議を年内に開いて方針を固める見通し。

 聖火台を巡っては、開閉会式が行われる新国立競技場の設計段階で、スタンドなどに設置場所が考慮されておらず、関係機関による検討会議が設置された。関係者によると、開閉会式では新国立競技場のフィールドに仮設の聖火台を設置する一方、お台場エリアに大会期間中、聖火台を常設する案が有力となっている。

 アーバンクラスターは、バスケットボール三人制など、若者向けの競技会場のほか、協賛企業の出展や競技体験ブースなどを設け、にぎわいを生み出す計画。輸送に課題のある臨海部に人が集中する恐れもあることから、関係機関が慎重に協議を進めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報