東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

A・マリー表明 全豪限り引退か 故障の痛み「耐えられず」

記者会見で涙をぬぐうアンディ・マリー=メルボルンで(AP・共同)

写真

 【メルボルン=共同】男子で元世界ランキング1位の31歳、アンディ・マリー(英国)は11日、当地で記者会見し、14日に開幕する全豪オープンが現役最後の大会となる可能性があると明らかにした。故障を抱えている臀部(でんぶ)の痛みが原因。7月のウィンブルドン選手権出場を望んでいるが「できるか分からない」と話した。

 昨年1月に手術を受けたA・マリーの世界ランクは現在230位。「まだある程度はやれるが、自分が望むレベルではない。痛みに本当に耐えられない」と感極まった様子で述べた。日常生活のため再手術も検討しているという。

 2012年の全米オープン、13、16年のウィンブルドン選手権と四大大会を3度制し、五輪は16年リオデジャネイロ大会まで2連覇した。

 全豪オープンのシングルス1回戦はロベルト・バウティスタ(スペイン)と対戦する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報