東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

原が銅、堀島4位 スキーモーグル世界選手権

3位になり、ガッツポーズする原=ゲッティ・共同

写真

 【ディアバレー(米ユタ州)=共同】フリースタイルスキーの世界選手権は8日、当地で行われ、男子は21歳の原大智(日大)が81・66点で、昨年の平昌冬季五輪に続いて銅メダルに輝いた。前回大会優勝の堀島行真(中京大)は81・30点で4位だった。日本男子の表彰台は、非五輪種目のデュアルモーグルを除けば史上2人目。

 平昌五輪覇者のミカエル・キングズベリー(カナダ)が84・89点で優勝。四方元幾(豊田合成)は10位、藤木豪心(立命大)は13位だった。

 女子は冨高日向子(白馬ク)が8位、星野純子(リステル)は9位で、住吉輝紗良(日大)は予選敗退。ユリア・ガリシェワ(カザフスタン)が優勝した。

◆原エアと最速タイムで攻略

 第1エアでコーク720(軸をずらした2回転)を鮮やかに決めると、板がスピードに乗った。男子の原は「このまま行くしかない。下手なことをしたら転ぶ」と意を決し、無心で急斜面を駆け降りた。第2エアもコーク720をグラブ(板をつかむ技)入りで決め、銅メダル。五輪に続き、またも大舞台で輝き「なんか奇跡のよう」と涙で息を詰まらせた。

 距離が長く、コブが大きいディアバレーは難コースとして知られる。昨季はワールドカップ(W杯)2戦でともに予選落ちし「絶望していた」。しかし、決勝1回目に6位で滑り込んだ2回目は序盤の勢いのままに最速タイムをマーク。ターン点は伸びなかったが、スピード点の貯金で堀島とのメダル争いを制した。

 五輪メダリストになっても「3位なので」と浮かれなかった。同年代の堀島に「意識しすぎて大変」と強い対抗心を抱いて技を磨き「第2エアで大きく跳んでも(着地を)びたびたに合わせられた」と成長を実感する。

 ただ、難易度の高いエアをそろえたキングズベリーには見劣りした。「エアの難度がまだ一つ足りない。コーク1080(3回転)をできたら優勝が近くなるのかな」とさらなる成長を期した。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報