東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高梨、今季初優勝 ジャンプW杯女子

 【リュブノ(スロベニア)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は10日、当地で個人第15戦(ヒルサイズ=HS94メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)が今季初優勝し、ジャンプの男女を通じて歴代単独最多を更新する通算56勝目を挙げた。

 高梨は1回目に89・5メートルの99・0点で首位に立つと、2回目は82・5メートルを飛び、6連勝中のマーレン・ルンビ(ノルウェー)に競り勝った。

◆中断にも集中キープ

 上り調子の高梨が、1回目を終えて首位に立った。この日は開催が危ぶまれるほどの強風で予選が中止になり、度重なる中断で集中力を欠いて苦しむ選手が多い中でも動じなかった。ダイナミックな飛躍でK点(85メートル)を越え、観衆の歓声を浴びた。だが難しい条件での優勝争いを見据えているのか。飛躍後は表情を変えず2回目に備えた。8日の個人第14戦では2位に入ったが「助走路からの立ち上がりを早くして、体を早く起こさないといけない」と、独特の形状を持つリュブノのジャンプ台への対策の必要性を口にしていた。

 その言葉を実践して9日の団体戦では2回とも大飛躍を披露。この日もその好調を維持した。日本のエースが今季初優勝へ向け、実力を発揮した。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報