東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

宇野、世界最高点逆転V フィギュアスケート四大陸選手権

男子で優勝した宇野昌磨のフリー=アナハイムで(共同)

写真

 【アナハイム=共同】欧州以外の国・地域が参加する四大陸選手権第3日は9日、当地で行われ、男子は昨年の平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)がショートプログラム(SP)4位で迎えたフリー1位で逆転し、合計289・12点で初優勝した。

 フリップ、トーループの2種類計3度の4回転ジャンプを決めたフリーは197・36点となり、羽生結弦(ANA)の190・43点を上回るルール改正後の世界最高。

 昨年覇者の金博洋(中国)が合計273・51点で2位、SP1位のビンセント・ゾウ(米国)が272・22点で3位。田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は251・54点で7位、友野一希(同大)は206・41点で12位だった。

 前日に女子は紀平梨花(関大KFSC)が初制覇し、日本勢の男女同時優勝は2014年の男子の無良崇人、女子の村上佳菜子以来5年ぶり。

◆足の痛み耐え悲願達成

 フリーで「月光」の音楽が止まると、宇野は崩れ落ちるように氷上に両手、両膝をついた。「本当はそこで寝転びたいくらい足の裏がしんどかった」。死力を尽くして演じきり、ルール改正後の世界最高得点をたたき出し、SP4位から逆転して悲願の主要国際大会初優勝。「結果にこだわらず試合に挑むと言い続けてきたが、やはり優勝したことはすごくうれしい」と本音をのぞかせた。

 関係者によると、全日本選手権のSP直前に負った右足首の捻挫は靱帯(じんたい)を部分断裂したほどの重傷だった。休養と捻挫の再発を繰り返しながら迎えた舞台。1週間あまりの調整で4回転サルコーは外した。練習量は圧倒的に不足する中、場内で名前がコールされて演技に入るまでの30秒間を目いっぱい使い「どんなジャンプでも降りてやろう」と腹をくくった。

 冒頭のフリップを含めた3度の4回転と単発のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は2・50点以上も加点を引き出した出来栄えの高さ。鬼気迫る表情でスピン、ステップもまとめ、演技点では「身のこなし」を示す項目で10点満点を付けるジャッジもいた。

 主要国際大会ではこれまで6大会連続で2位。壁を突き破れなかったが、7日のSP後、体のケアを担当する出水慎一トレーナーに「競技人生で1位がないと寂しい。世界一になってほしい」と言われて奮起したという。「世界選手権(3月・さいたま)は1位にこだわる。そのためにもぎりぎりの練習をしていく」。明確な目標を胸に乗り込む。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報