東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発

ここから本文

【TOKYO発】

写真

 史上最多の二十一人が立候補した都知事選の投票日が三十一日に迫った。選挙戦終盤の二十八日、梅雨明けを迎えて真夏の太陽が降り注ぐ。都心の最高気温は三一度。それでも人々は足を止め、汗をぬぐい、訴えを聞いた。小さな子どもを抱え、じっと候補者を見つめる女性も。有権者は過去最多のおよそ一千百万人。真剣なまなざしの向こうに、明日の東京の姿がある。首都の未来を決める日まで、あと二日−。(7月29日 紙面から)

[写真]

スマートフォンなどを掲げ、街頭演説を記録する有権者ら=20日、大田区で

 
写真

 広々とした池の縁を歩き、うっそうとした茂みが迫る坂を上る。木々や湿った土から漂うにおいが心地よい。見慣れない模様のチョウも舞う。 横浜市・本牧(ほんもく)の三渓(さんけい)園は製糸と生糸貿易で財を成した原三渓が1906年に開いた17万5000平方メートルの…(7月10日) [→記事全文へ]

[写真]

住宅街と、東京湾に面した石油施設に囲まれた三渓園=本社ヘリ「あさづる」から(安江実撮影)

 
望 〜都の空から

PR情報