東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発

ここから本文

【TOKYO発】

写真

 七十三年前の八月十五日、焦土となった東京・神田で産声を上げた出版社がある。SF、ミステリーなど、海外文学の老舗で知られる早川書房だ。戦時下、出版業界も国策推進を余儀なくされ、書店には戦争賛美の本が並んだ。「自由に本が読みたい」。出版社創業を決意したある演劇青年の心にみなぎったのは、新しい時代への希望だった。(8月15日 紙面から)

[写真]

知人で俳優の佐野周二さん(左から2人目)と談笑する早川清さん(同3人目)。当時43歳=1955年撮影、早川書房提供

 
写真

 南北約4キロの神奈川県葉山町の海岸線。緑が広がる中に、葉山御用邸が位置する。その先の「小磯の鼻」と呼ばれる海に突き出た小さな岬は、天皇、皇后両陛下が静養中に散策されることもある。 町の風土を語る時、御用邸の存在は欠かせない。(8月5日) [→記事全文へ]

[写真]

青い海と緑豊かな山々に囲まれた神奈川県葉山町=本社ヘリ「あさづる」から(木口慎子撮影)

 
望 〜都の空から

PR情報