東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発

ここから本文

【TOKYO発】

写真

 目の覚めるような青いチャイナドレス。そして「金蓉」という作品名から、漆黒の髪のモデルは中国人だと思われるかもしれない。が、本名は小田切峯子(みねこ)。一九〇三(明治三十六)年、東京生まれ。上海総領事などを歴任した外交官の父を持つ日本人女性だ。英語、中国語など五カ国語に通じていたという。絵のモデルを務めた三四(昭和九)年初夏は、当時暮らしていた満州(現中国東北部)のハルビンから病気の父を見舞うため、東京に帰っていた。(12月10日 紙面から)

[写真]

1934年油彩・カンバス96.5×74.5センチ(東京国立近代美術館提供)

 
写真

 東京23区内なのに、ローカル線のような柴又駅(葛飾区)を出ると、有名な兄妹、映画「男はつらいよ」の寅(とら)さんとさくらの像が迎えてくれる。 寅さんの生まれ故郷「葛飾柴又」。(12月3日) [→記事全文へ]

[写真]

映画「男はつらいよ」の舞台で、柴又帝釈天(題経寺)、参道、矢切の渡しなど、下町の観光地=葛飾区柴又で、本社ヘリ「あさづる」から(笠原和則撮影)

 
望 〜都の空から

PR情報