東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > TOKYO発一覧 > 記事

ここから本文

【TOKYO発】

<元号を巡る>(3)昭和 扉の向こうに戦争が

地下室につながる階段=中央区立常盤小学校で

写真

 古めかしい木目の廊下にしつらえた「扉」を開けて階段を下りると、薄暗く、さび付いたパイプがむき出しになった空間が現れる。関東大震災後の昭和4(1929)年に「復興小学校」として建築された校舎が現存する中央区立常盤小には、戦時中に、防空壕(ごう)としても使われた70〜80平方メートルの地下室が3カ所残る。

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報