東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > TOKYO発一覧 > 記事

ここから本文

【TOKYO発】

水辺の命 輝く夏 荒川のビオトープ カニなど生き物観察に歓声

河川敷の自然に触れることができる荒川生物生態園=板橋区で(本社ヘリ「あさづる」から)

写真

 荒川の河川敷に板橋区が22年かけて整備したビオトープ(野生動植物の生息空間)が、今春から一般開放されて初めての夏を迎えた。都内の川では最大級の規模で、水辺を好む野鳥やカニなどを観察できる貴重な場所だ。

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報