東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

水辺(6)横須賀港 軍事と観光が交錯

猿島が浮かぶ青い海と海岸線まで迫る緑。軍港のイメージが強い横須賀港を豊かな自然が包み込んでいる=神奈川県横須賀市上空で、本社ヘリ「あさづる」から(淡路久喜撮影)

写真

 最新鋭の米海軍イージス艦が停泊する港内を、遊覧船が悠々と進む。軍事と観光が交錯する横須賀港の風景は、幕末維新期以来の伝統だ。

 ペリー上陸から12年後の1865年、徳川幕府は欧米列強に対抗するため、軍艦の造船所と港湾を、漁村だった横須賀村に建設した。時代の先端をゆく造船所は、明治時代には観光名所になった。

 1888(明治21)年に地元紙「横須賀新報」記者が出版した「横須賀繁盛記」は、「千葉、茨城、埼玉地方より数百名、造船所の見物に立ち寄り」「旅人宿泊する、多き時は百余名、少なきも数十名に降らず」と、にぎわいを伝えている。

 それから120年。2008年9月から運航を開始した遊覧船「軍港めぐり」も、繁盛ぶりは負けていない。09年には8万2000人が乗船し、今年は7月までに5万人がクルーズを楽しんだ。

 営業担当の大森英一郎さん(24)は「潜水艦やイージス艦を、これだけ間近に見られる遊覧船はほかにない。非日常の光景が人気の理由でしょう」と受け止める。

 港は多数の入り江からなる。日産自動車追浜工場が近く、車の輸出が多い。また近海はアジやイワシの漁場に恵まれ、日本の港らしい側面も持つ。 (新開浩)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報