東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

城(1)江戸城 天守は『平和の象徴』

江戸の栄華から明治維新、終戦と歴史の舞台となってきた皇居。東御苑には白御影石の天守閣跡が堂々と鎮座している=東京都千代田区上空で、本社ヘリ「おおづる」から(久野功撮影)

写真

 徳川幕府が成立して間もないころ、江戸の空には天守閣がそびえていた。5層から成り、高さは18階建てのマンションに相当する59メートル。1階の広さは1300平方メートルにも達する。屋根や壁にはふんだんに銅が使われ、頂上部には金シャチも鎮座していた。

 威容はけた外れだったが、軍事的な色彩は薄かった。NPO法人「江戸城再建を目指す会」が専門家に依頼して制作した天守閣復元図によると、鉄砲を撃つための壁の小穴「鉄砲狭間(さま)」や、石垣をよじ登る敵に石をぶつける「石落とし」などの攻撃設備がまったく見られない。

 太田道灌が初めて城を築いたのは室町時代中期だった。群雄割拠の戦国時代を経て、大名がこぞって幕府に忠誠を誓った江戸初期へ。城郭も大きく変わった。専門家は「戦乱の時代が終わり、平和の象徴として造られたのではないか」と指摘する。

 天守閣が明暦の大火で焼失して、約350年がたった。今年6月には、同会が再建への一歩として、天守閣の復元図を公開した。

 同会理事の木川靜雄さん(61)は力を込める。「単なる城郭の再建ではなく、日本再生のシンボルとしていきたい」 (中山高志)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報