東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > TOKYO発 > 望 〜都の空から > 記事

ここから本文

【望 〜都の空から】

鎌倉 歴史息づく緑の街

相模湾と富士の秀麗な姿に映える古都。鎌倉山や源氏山から秋色が下り始め、一年でもっとも美しい季節を迎えた=神奈川県鎌倉市上空で、本社ヘリ「おおづる」から(中西祥子撮影)

写真

 三方を山で囲まれ、一方は海。攻めにくく、守りやすい地形に着目し、源頼朝は鎌倉に幕府を開きました−と学校で習った。

 上空から見ると、遠くに、北斎が描いたような雪をかぶった富士山がみえる。眼下には紅葉が入り始めた山々と青い相模湾が広がる。「ここに住みたい」と、みんながあこがれるのもうなずける。歴史を求める人とリゾートを満喫する人で、年中お祭りのようなにぎやかさだ。

 鎌倉市は、「武家の古都・鎌倉」として、世界遺産登録をめざしている。それには外国人の心をつかまなくてはならない。地元の歴史研究家、内海恒雄さん(73)は「世界に通用する言葉は、禅とモンゴルだろう」と話す。

 日本の禅は武家の文化と深くつながり、鎌倉に始まって現代まで続く。円覚寺では、大乗仏教の思想のもと、元寇(げんこう)の戦死者を敵味方なく供養している。鎌倉は世界史の一こまとして、相応の位置づけができるのだ。

 「武家の古都というと、外国人は城塞(じょうさい)都市のような印象を持つが、実際に来ると、緑が豊かなことに驚く。山と海、自然に抱かれた文化都市が鎌倉です」と内海さん。緑の間に刻まれる深い歴史のひだが、街の魅力を高めている。 (吉田薫)

写真
 

東京新聞フォトサービス

東京新聞フォトサービス

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by